【画像付きで解説】ワードプレスの初期設定を完了させる方法【3ステップ】

ブログ

ワードプレスにログインできるようになったら初期設定を完了させましょう!

こんな悩みの人に向けて書きました!

  • ワードプレスを利用する上でまずやるべきことを知りたい
  • ブログを運営する上で必要な準備や設定を終わらせたい
  • 具体的に必要な初期設定を知りたい

そもそもワードプレスとは?

ワードプレスはブログやホームページの運用や管理に必要な機能が揃っている
無料のCMS(コンテンツ・マネジメント・サービス)です。

多くのブロガーや企業が採用しており、
記事の編集・投稿・保存などに加えて、問合せフォームの作成やコメント欄の設置などが簡単にできます。

HTML・CSSが理解できる人であれば自分でデザインを編集することができ、
無料や有料のテーマを購入することで簡単に複雑なデザインを自分のブログに反映できます。

ワードプレスの初期設定はSEO対策の準備をすべき

ワードプレスを元に作成したブログやホームページなどのWebサイトは
サーバーを通してインターネット上で公開されます。

その際にGoogleはWebサイトの安全性・読みやすさ・信憑性などを評価して
より良いWebサイトを検索結果の上位に表示します。

上位に表示されるWebサイトほど読まれるので
記事の作成者はどうすればGoogleから評価されるのか考える必要があります。

このようなGoogleの評価基準はSEO(サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)と呼ばれています。

SEOの評価基準は日々変化しており、
全ての項目を記憶してブログの記事を作成するのは難しいです。

そのためワードプレスの初期設定ではSEOから高評価を得るためのアドバイスや分析を
行ってくれるサービスを設定する必要があります。

このあと解説する4つのサービスを使って、楽にSEO対策ができるようになりましょう!

ワードプレスの初期設定で使うべき3つのプラグイン

SEO対策のためにワードプレスの初期設定として、プラグインを3つ設定します。

  • Really Simple SSL:セキュリティ対策に必要なSSLの設定ができる
  • Site Kit by Google:アクセス集計と分析に必要なアナリティクスとサーチコンソールの設定ができる
  • All in one SEO:サイト構成や記事のSEOの高め方をアドバイスしてくれる

それでは早速始めましょう!

ステップ1/3:Really Simple SSLを使ってSSL設定を完了させよう!

SSLの設定をすることで悪意のあるアクセスを防ぐことができます。

これによりサイトとしての信頼性が高まり、SEOの評価を上げることができます。

それでは設定を進めていきます。

まず、ワードプレスの管理画面からプラグインを選択し、新規追加をクリックしましょう。

管理画面 > プラグイン > 新規追加ボタンをクリック

プラグインはワードプレスの機能を拡張したり、必要な機能を簡単に追加できるサービスです。

検索画面で「Really Simple SSL」と検索すると画像のように対象のプラグインが表示されるので、
今すぐインストールを押しましょう。

プラグインを追加 > Really Simple SSLを検索 > 今すぐインストールをクリック

インストールが完了すると、有効化ボタンが現れるのでクリックします。

有効化をクリック

有効化が完了すると、自動でページが変わります。

変わらない場合は「インストール済みプラグイン」ページを開いてください。

画像のようにSSLの有効化を開始する画面が表示されるので、SSLを有効化をクリックします。

管理画面 > プラグイン > インストール済みプラグイン > SSLを有効化をクリック

すると自動でワードプレスからログアウトされますが、

設定を有効にするために必要なので気にせずログインし直します。

SSLの有効化を完全に完了させるために必要な作業が表示されているのでそれぞれ完了させていきます。

1つ目の「このウェブページからの応答がありませんでした。」は一時的な通知なので、
×ボタンを押して完了させます。

2つ目は画像のように有効化を行い保存することで完了させましょう。

301 .htaccess転送を有効化をON

以上でブログのSSLの有効化は完了です!

確認方法として自分のサイトのURLの先頭を
「http://」から「https://」に変更してアクセスできるか確認しましょう。

SSLの有効化ができている場合は「https://」のURLでアクセスが可能になっています!

ステップ2/3:Site Kit by Googleを使ってアナリティクスとSearch Consoleの設定をしよう

Site Kit by Googleを使うことで、
アクセスデータの集計と分析に必要なアナリティクスとサーチコンソールの設定が簡単にできます。
それぞれGoogleが公式に提供しているサービスです。

  • アナリティクス:サイト内にアクセスしたユーザーの属性や行動を集計し可視化してくれる
  • サーチコンソール:サイト外からのアクセスや、アクセス時に検索されたキーワードを分析できる

これらを使うことにより、
アクセス数の増減やどんな記事が読まれているのか分析することが出来るので
アクセスを伸ばすためのヒントが見つかります。

今回は分かりやすくするために、2つの手順に分けて解説します!

  • Google アナリティクスでアカウントを作る
  • Site Kit by Googleでアナリティクスとサーチコンソールをワードプレスに連携する

それでは設定を進めていきましょう!

Google アナリティクスでアカウントを作る

まずはGoogle アナリティクスの登録ページを表示して、測定を開始をクリックします。
Googleアカウントがない人は事前に作っておきましょう。

Google アナリティクスはこちら → Google Analytics

測定を開始をクリック

まずはアカウント名を入力して、次へをクリックしましょう。

Google アナリティクスは
複数のブログやサイトをドメイン毎に管理することが可能です。

そのためアカウント名はサイトの名前や
ドメイン名など分かりやすいものが良いでしょう。

私はドメイン名をお勧めします!

アカウントの設定 > アカウント名を入力 > 次へをクリック

次に、プロパティ名を入力してタイムゾーンと通貨を選択します。

タイムゾーンと通貨は画像の通り選択しましょう。

プロパティ名はサイトをどのように集計するか考えましょう。

例えば、サイト全体のアクセスを集計したいのか?特定カテゴリの記事だけを集計したいのか?など、

利用用途に分けて決めることで何を集計しているのか一目で分かりやすくなります。

プロパティ名を記入 > レポートのタイムゾーンを設定 > 通貨を設定 > 次へをクリック

最後の項目は、自分の目的に合わせて入力しましょう。

作成ボタンを押すと利用規約が現れるので、同意ボタンを押すとアカウントの作成が完了します。

項目を選択 > 作成ボタンをクリック > 利用規約に同意

次にプロパティからデータストリームを選択し、プラットフォームを選択します。

ブログやホームページの場合はウェブを、アプリの場合はデバイス毎のアプリを選びましょう。

プロパティ > データストリーム > ブログの人はウェブを選択

ウェブサイトのURLとストリーム名を入力して、作成ボタンを押します。

ウェブサイトのURLは、自分が取得したドメインを入力しましょう。

ストリーム名はデータ収集源を指しているので、ウェブサイトの名前を入れておきましょう。

ウェブサイトのURL入力 > ストリーム名入力 > ストリームを作成

これでGoogleアナリティクスでアカウントの作成は完了です。

Site Kit by Googleでアナリティクスとサーチコンソールをワードプレスに連携する

先ほど作成したGoogle アナリティクスのアカウントをワードプレスに連携しつつ、
サーチコンソールの設定を行います。

まず、ワードプレスの管理画面からプラグインを選択し、新規追加をクリックしましょう。

管理画面 > プラグイン > 新規追加ボタンをクリック

検索画面で「Site Kit by Google」と検索すると画像のように対象のプラグインが表示されるので、
今すぐインストールを押しましょう。

プラグインを追加 > Site Kit by Googleを検索 > 今すぐインストールをクリック

インストールが完了すると、有効化ボタンが現れるのでクリックします。

有効化をクリック

有効化できると自動で画面が変わるので、セットアップを開始をクリックします。

セットアップを開始をクリック

Googleアカウントでログインをクリックします。

Googleアカウントでログインをクリック

もう一度Googleでログインを押して、
Google アナリティクスとサーチコンソールを作成する際に使用したアカウントを選択します。

Googleでログインをクリック

Site Kiteを十分に活かしたい方は許可する項目の選択をしておきましょう。後ほど変更もできます。

次にサイトの所有者を確認するために続行をクリックします。

続行をクリック

確認が完了したらデーアへのアクセスを許可します。

許可をクリック

エラーが出た方はキャンセルをクリックして、再度Googleアカウントでログインから始めると問題なく進めます。

キャンセルをクリック
Googleアカウントでログインをクリック

次にSearch Console(サーチコンソール)の設定を行うために、サイトを追加をクリックします。
既にサーチコンソールの設定を済ませている人は、設定先を選択できます。
初めて行う方は自動で設定してくれます。

サイトを追加をクリック

Site KitとGoogleアカウントの連携が完了したのでダッシュボードに移動をクリックしましょう。

ダッシュボードに移動をクリック

最後に、サービスを連携をクリックして、先ほど作ったGoogle アナリティクスのプロパティと紐付けましょう。

サービスを連携をクリック

アクセスを許可すると、以下の画像が表示されます。

連携したいアカウントとプロパティを選択して、アナリティクスの構成をクリックしましょう。
権限の追加を求められた場合は続行をクリックします。

アカウントの選択 > プロパティの選択 > アナリティクスの構成をクリック

接続済みに変わっていたらSite Kitの設定は完了です!

ステップ3/3:All in one SEOを設定してSEO評価を高めるアドバイスをもらおう

All in one SEOはSEO評価を高めるためのあらゆるアドバイスをしてくれるサービスです。

特に記事を作成している時にSEO評価をスコア化して教えてくれるので
何をすればどのぐらい評価が高まるのかわかりやすい点が良いです。

それでは設定を進めていきます。

まず、ワードプレスの管理画面からプラグインを選択し、新規追加をクリックしましょう。

管理画面 > プラグイン > 新規追加ボタンをクリック

検索画面で「all in one seo」と検索すると画像のように対象のプラグインが表示されるので、
今すぐインストールを押しましょう。

プラグインを追加 > all in one seoを検索 > 今すぐインストールをクリック

インストールが完了すると、有効化ボタンが現れるのでクリックします。

有効化をクリック

有効化されると、インストール済みプラグインのページに自動で移動します。

All in one SEOはSEO対策に必要な設定やポイントを指摘してくれます。

例えば記事作成画面では、SEOに有効な記事になっているか点数をつけてくれます。

修正点も含めて教えてくれるので、指摘に沿って修正することでSEOに強い記事を誰でも書くことができます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回ご紹介した内容はワードプレスを開設して
一番最初に設定することをオススメしたい内容になっています。

SEO対策は奥が深く、
追求すればやるべきことがどんどん増えてしまいますが、
大きく影響を与えるポイントについては今回の設定で押さえられていると思って問題ありませんので、
安心してサイトを伸ばしていただければと思います!